食に関する資格|甘い夢を叶えるならパティシエの専門学校へ
女性

甘い夢を叶えるならパティシエの専門学校へ

食に関する資格

調理

フードコーディネーターとは、食事だけでなく、食卓を彩るテーブルコーディネートや企業へのアドバイスなど幅広く活躍しています。最近知られるようになったフードコーディネーターの仕事をするにはどうすればいいのでしょうか。まず、フードコーディネーターに必要なものは、資格です。この資格は、日本フードコーディネーター協会というところが開催している試験に合格することで取得できます。現在の日本ではこの協会以外でフードコーディネーターの資格が取れる試験はありません。資格がないとフードコーディネーターとして仕事ができないわけではないですが、資格のあるなしによって仕事の幅も変わってくるので、資格を取ることをおすすめします。最初に取得する資格は、フードコーディネーター3級です。3級の内容は入門レベルですが、これに合格しないと次の2級、1級に進むことはできません。
フードコーディネーター3級を取るための方法はいくつか挙げられます。「独学で勉強する方法」「専門学校に通う方法」「通信講座を受講する方法」の3つです。それぞれの方法にメリットがあります。最初に挙げた「独学で勉強する方法」のメリットは、自宅でいつでも好きなときに始められるところです。フードコーディネーターの受験資格は中学卒業以上というものだけなので、本や教科書を使って勉強することが可能です。次に一般的な方法として「専門学校に通う方法」があります。この方法であれば、独学では学べない様々な知識を学ぶことができるので、今後の仕事に役立っていくでしょう。最後に「通信講座を受講する方法」は、時間が取れない人におすすめの勉強法です。育児中の人など、在宅で学べるので次の就職のために取得する人もいます。